睡眠障害の症状 | 不眠症の特徴をチェックしましょう

アメリカ精神医学会の最新(DSM5)による以下の診断基準でチェックする

A,睡眠の量または質の不満に関する顕著な訴えが,以下の症状のうち1つ(またはそれ以上)を伴っている。

(1)眠たいけど眠れない、あるいは寝る時間になると目がさえてしまうという入眠困難(幼児の場合,世話する人がいないと入眠できないことで明らかになる場合もある)

(2)頻回の覚醒,または覚醒後に「眠りたいけど眠れない」という再入眠できないことによって特徴づけられる,睡眠維持困難(幼児の場合,世話する人がいないと再入眠できないことで明らかになる場合もある)

(3)早朝覚醒があり,再入眠できない(寝ようとしても寝られない)。

B,その睡眠の障害は,臨床的に意味のある苦痛,または社会的,職業的,教育的,学業上,行動上,または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。

C,その睡眠困難は,少なくとも1週間に3夜で起こる。(週に3日は「あまり眠れない」という感じが残ってしまう)

D,その睡眠困難は,少なくとも3ヶ月持続する(「最近眠れない」の「最近」は3ヶ月続いている必要があります)。

E,その不眠は,他の睡眠-覚醒障害(例、ナルコレプシー,呼吸関連睡眠障害,概日リズム睡眠-覚醒障害,睡眠時随伴症)では十分に説明されず,またはその経過中にのみ起こるものではない。

G,その不眠は,物質(例、乱用薬物,医薬品)の生理学的作用によるものではない。

H,併存する精神疾患および医学的疾患では,顕著な不眠の訴えを十分に説明できない。

持続時間によっても区別されます

症状の持続期間で以下のように分類します。

  • 一時性-症状は少なくとも1ヶ月持続するが,3ヶ月は超えない。
  • 持続性-症状は,少なくとも3ヶ月以上持続する。
  • 再発性-1年以内に2回(またはそれ以上)のエピソードがある。

注)うつ病の際にも不眠症は起こりますが、これはあくまでうつ病の一つの症状とみなされ、それだけを独立させて睡眠障害とは呼びません。
「不眠障害の診断は,独立した状態で起こるか,または他の精神疾患(例、うつ病 ),医学的疾患(例、疼痛),他の睡眠障害(例、呼吸関連睡眠障害)に併存するかどうかで下される。例えば,不眠は抑うつの危険要因になるかもしれず,抑うつの治療後にしばしば残る症状でもある。このようなときは,不眠という診断は下されない。」

診断的特徴

 不眠障害の基本的特徴は,睡眠の開始や維持が困難であるという訴えを伴った,睡眠の質と量についての不満足感である。

 1)入眠時不眠(初期不眠)-入眠後20~30分以上(主観的に)寝付けない
 2)睡眠維持不眠(中期不眠)-夜間に頻回のあるいは持続性の覚醒を伴う(入眠後20~30分以上の主観的覚醒時間)
 3)後期不眠-早朝に覚醒し,再度入眠できない。(標準的定義はないが,全睡眠時間が6.5時間に達する前に覚醒する場合)

 最も多いのが睡眠維持困難であり,次いで 入眠困難である。しかし,しばしばこれらの症状は組み合わさることが多い。
 正式な睡眠検査(ポリソムノグラフィ)もあるが,大抵は患者本人の主観的報告に基づいている。

 つまり不眠症は、何らかの検査で不眠症かどうかをチェックすることはまれで、ほとんど「最近眠れない」「あまり眠れない」などのクランアントの訴えで診断されます。妊娠中や生理前などでよく眠れないという場合も、厳密には睡眠障害とは言えません。他のはっきりした問題に付随して出てきたものだからです。

 4)回復感のない睡眠-十分な睡眠時間にもかかわらず,「寝てるのに眠い」「あまり眠った感じがない」などの質が悪くよく休めなかったという睡眠は,入眠困難や睡眠維持困難とともに起こる事が多い。あるいは他の睡眠障害やとも関連していることも多い。これ独立の診断は普通ありえないが,もし入眠困難や睡眠維持困難がみられないのであれば,特定不能の不眠障害の診断となる。

不眠によって生活上の支障が出ている

 不眠障害によって日中の障害も引き起こされる。疲労感,「昼間眠い」「日中眠たい」などの日中の眠気などである。特に高齢者は睡眠維の能力が加齢と共に低下するだけでなく,医学的疾患が不眠障害とも,あるいは睡眠時無呼吸などの睡眠障害とも関連するため,日中の眠気と起こりやすい。

不眠によって引き起こされやすい精神症状

不眠による認知機能障害,気分障害
注意,集中,記憶の困難などがある。
易怒性,気分の不安定性,抑うつ,不安症状など。
(『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』高橋三郎・大野裕監訳、医学書院、2014より引用)