リストカットと自傷行為 | 危険なストレス発散にさようなら 

リストカット等の自傷行為は最新基準で病気とされる可能性が出てきました

 DSM-5「今後の研究のための病態」の中にリストカット・抜毛(他、「壁に頭をぶつける」「皮膚むしり」など)などを中心とする「非自殺的な自傷行為」というカテゴリーが付け加えられました。自殺を目的としない自傷行為です。仮の診断基準などが作成されており、今後正式の心の病として認知される可能性が高まりました。

自傷行為・リストカット症候群の原因 | 理由があるのをご存じですか

 リストカットには直前にうつ・葛藤などのストレスを抱えており、それを軽くすることが目的でなされる行為です。ストレスの内容は対人関係からくるストレスが多いようです。自殺の意図はありません。心の苦しさを身体的痛覚によって紛らわせようとする行為です。

リストカット・何故やるのか | リストカットによって得られるもの

 傷に対する脳内快楽物質によって一時的に快適な気持ちになったり、空虚感から解放され生きている実感が得られたりします。激しい感情のはけ口を自分の体を傷つけることに求め、それによって自己コントロールしている場合もあります。リストカッターである有名人に対するあこがれが引き金となることもあります(ダイアナ妃など)。女子高生においては流行によるリストカットもあります。

リストカット・自傷の危険性 | リストカットの動機と自殺リスク

 リストカットには自殺の意図はなく、自殺とは一線を引いて考えなければなりません。しかし、リストカットを繰り返しているうちに、自殺の抑止となる「痛みに対する恐怖」が軽くなってしまう事があり、一般の人達よりも自殺の危険は高まります。

リストカット・自傷にご家族はどう対応するか | 有効な言葉かけは?

 叱責・お説教をしないようにします。傷に対する手当を優先します。心理的な問題には「話したいときはいつでも真剣に話を聞く」という姿勢を見せておき、話したがらないところに無理に聞き出そうとしないようにします。落ち着いた対応が望ましいのですが、治療者の適切な家族面談がご家族の安定をもたらします。

リストカット・複雑な場合 | 人格障害との絡み

 リストカッターの中で最もよく見られるパーソナリティ障害は境界性パーソナリティ障害です。境界性パーソナリティ障害の基本症状の中にも、自己破壊行動が挙げられています。それについで、敏感でシャイな回避性パーソナリティ障害も多いとされます。次に目立つのは一見対照的な強迫性パーソナリティ障害と反社会性パーソナリティ障害です。パーソナリティ障害が絡むと、根気強いアプローチが必要になります。