パニック障害治療にはどんな薬が使われているのか | 抗不安薬・抗うつ薬他

パニック障害への薬物療法にはどんな効果があるのでしょうか

 パニック障害の治療には、主に脳内神経伝達物質のノルアドレナリンとセロトニンのバランスを改善する薬物療法が行われます。
 使用される薬剤には、「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」「抗不安薬」「三環型抗うつ薬」などがあります。

パニック障害の薬物療法の流れ

 まずは薬でパニック発作を抑え込んでコントロールしながら、最終的には薬を飲まなくてもよい状態に持っていきます。
 おおよその流れは次のようなものです。

急性期 薬でパニック発作を抑え込む
 ↓
効果や副作用をみて服薬量などを調整
安定投与を継続し、その間に予期不安や広場恐怖を治す
 ↓
症状が抑えこまれたことを確認しながら薬を減量

 現在、パニック障害で保険が認められているSSRIはパロキセチンとセルトラリンです。治療を開始した最初の2~3週間だけ抗不安薬のベンゾジアゼピン系薬を併用し、SSRIの効果が出るまでのバックアップとする方法が主に行われます。
 これは、SSRIに比べるとベンゾジアゼピン系薬の抗不安効果には即効性が認められている一方、副作用がSSRIよりも強く、依存性・習慣性がみられることによります。

パニック障害治療に使われる主な薬の種類

パニック障害に有効な抗うつ薬 

セロトニンやアドレナリンの機能に働きかけてうつ症状を改善する薬です。パニック障害にも効果があることがわかっています。

・三環系抗うつ薬
・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
・SNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

 SSRIはパニック障害に一番よく使われる薬剤で、脳内のセロトニンを増やす作用があります。効果が出るまでに2~3週間かかります。
副作用には、吐気や眠気がありますが、抗不安薬に比べると軽度とされます。

 SSRIは1週間ごとに量を増やし、パニック発作を抑えられる量で1~2年くらい内服を続けます。その後、パニック発作が起こらないのを確かめながら、少しずつ量を減らしていきます。量を減らしたことでパニック発作が再発した場合は、すぐに元の量に戻します。

  調子がよいからといって、勝手に量を減らしたり、服薬を中止することは絶対に禁止です。薬を減らすときは、必ず医師の指示にしたがって様子をみながら行います。

 SSRIを、突然中止すると、中断症候群(めまい、電気ショックのような感覚など)という強い副作用が現れることがあり、注意が必要です。
 SSRIは医師の指示を守り、適切に服用すれば、副作用は比較的少なく安全な薬とされています。
 しかし、眠気やめまいなどの副作用が出る場合もあるので、そのような症状がみられたら医師に相談してください。
 また、アルコールはSSRIの副作用を増強すると考えられていますので服用中は飲酒を避けてください。

抗不安薬

 不安を抑える薬もパニック障害治療によく使われます。

・ベンゾジアゼピン系抗不安薬
・β遮断薬

 パニック障害に使用される抗不安薬は、ベンゾジアゼピン系薬です。
SSRIが使われるようになる前は、パニック障害に一番多く使われていました。
 眠気やふらつきなどの副作用はSSRIよりも強く、依存性・習慣性などの問題が指摘されることもあります。

三環系抗うつ薬

 便秘や眠気、喉の渇きなどの副作用がやや強くでる方もいる薬とされます。他の薬で効果がない場合などに使用されます。