パニック障害の心理療法 | 軽症ならばカウンセリングだけでよくなる事をご存じですか

軽いパニック障害ならば私達は短期間の心理療法で成功してきました

病院での治療は薬物療法と心理療法(認知行動療法など)が中心です。
まずは薬でパニック発作を抑え込み、不安や恐怖感をコントロールできるようになるためには認知行動療法があります。また食事や睡眠など生活全般を整えていくための食事療法などがあります。

認知行動療法

認知行動療法とは、ちょっと心臓がドキドキしただけで「死んでしまうのでは」と物事を悪い方にばかり考えたり、本来恐怖や不安を感じる必要のないことに過敏に反応してしまうなどの「心の過った反応」を治していくことが目的です。

 誤った(認知)行動習慣を少しずつ修正し、正しい(認知)行動習慣を身につけるという方法です。
 広場恐怖で、電車に乗れなくなっている場合は、無理やり電車に乗るのではなく、最初は駅の改札口まで行き、それが緊張なく行えるようになったら、改札口を通過してみようというように、段階的に少しずつ不安を克服して、誤った認知を正しいものへ修正していきます。

自分の生活状況や考え方、行動がパニック発作とどう関連しているかを理解し、電車にのれない、人ごみを歩けないなどの行動をコントロールできるようにしていく訓練療法です。

自律訓練法(イメージ法その他のリラクゼーション方法)

 心と体をリラックスさせる方法を身につける訓練です。
 パニック障害では、パニック発作を起こしていない場合でも、正常者に比べると高い緊張を維持していることがわかっています。
 常にピンと張った糸のようなものですから、普通なら何でもないことでも緊張が切れてパニック発作につながります。ふだんからの緊張度を下げるために、自律訓練法は非常に重要とされます。
 不安やパニックが起きたときに呼吸法やリラクゼーション法によってコントロールする方法を身につけます。からだの緊張を解く→心のリラックスを引き起こすことを利用します。

暴露療法(エクスポージャー)

不安や恐怖のために避けている場所や状況に少しずつ慣らし、克服した経験をつんで自信をつけていく方法です。「自分が避けている場所がパニック発作とは関係がない」ことを身をもって確かめていきます。最初の目標がクリアできたら、少しずつ段階的に目標のレベルを上げていきます。

解決志向ブリーフセラピー

 「不安がおさまる時には何からおさまったか」「比較的発作が早くおさまった時に役立ったものは何か」などポジティブなポイントを引き出します。クライアントの思考・価値観を一切批判せず、長所を引き出すことによって問題解決を行います。