パニック障害の事実 | 突然の動悸・めまいとこれでさようなら

パニック障害-急性不安が起こる原因

パニック障害入門 | その概観と対処法の原則

 動悸・めまいなどを伴って突然不安が襲ってくるパニック発作が起こる病気です。パニック発作に対する不安感から活動が制限されるのが問題です。重い場合には薬物療法が必要となります。

パニック障害とは-何が診断の決め手となるのかチェックしましょう

 「過呼吸(過換気症候群)」「甲状腺疾患」など内科疾患がないかどうか注意が必要です。精神疾患としてのパニック障害は内科的異常は見つかりません。診断は医者の問診によって行われる事が多いです。

パニック障害チェック | DSM5による最新版の診断法

 国際標準の診断分類にはパニック障害の定義が詳しく書かれています。パニック発作が一定の期間、繰り返して起こっている時に診断されます。パニック発作はご本人には予期できない時に突然起こります。

パニック障害の原因 | うつ・ストレス・予期不安に用心が必要です

 不安に陥りやすい性格傾向の遺伝が関係していると考えられています。これにストレスが加わって発症するパターンが多いです。過剰な悲観による自殺に注意が必要です。

パニック障害の概要 | 脳内物質やうつ病との関連など基本的特徴はこれ

 脳内物質のアンバランスによって発作が起こりやすくなります。日本人では100人のうち2~3人がパニック障害を患います。年齢が上がるにしたがって自然に改善します。不安やうつ状態を伴う事もあり、注意が必要です。

パニック障害に悪影響を与える生活習慣 | 日常に潜む危険要因

 低血糖が影響するという説もあります。コーヒー・タバコ・アルコールなど刺激的な嗜好品はパニック発作を起こしやすくするとも言われます。ストレスをためた状態にならないよう注意しましょう。

パニック障害の治療 | 薬物療法と心理療法

パニック障害治療にはどんな薬が使われているのか | 抗不安薬・抗うつ薬他

 SSRI・抗不安薬・三環型抗うつ薬などが使われます。まず発作を抑えて症状を安定させ、その間に予期不安などの不安を軽減させるような流れが多いです。再発しないことを確かめながら減量してゆきます。

パニック障害の心理療法 | 軽症ならばカウンセリングだけでよくなる事をご存じですか

 心理療法はパニック障害を軽減できます。認知行動療法は不適切な認知を修正します。解決志向ブリーフセラピーはクライアントの発作に対する対抗策を引き出し、対処能力を向上させます。

パニック障害対処に心がけておきたいこと | ご本人とご家族の方へ

パニック発作への心構え | パニック発作が起きたらどう対処するか

 発作を早く終息させる姿勢を取ります。パニック発作から気をそらせる何かを使ってみましょう。パニック発作は他人から苦しいことが見て取れるので助けが得られやすいです。 

パニック障害患者さんをお持ちのご家族の方へ | うつ病との併発があること

 パニック発作が起こったときに「水を持ってくる」「体をさする」等できることは色々とありますが、ご家族が動転してしまうとご本人がますます発作のことを大ごととして捉えてしまいます。淡々とした落ち着いた態度で接しましょう。

パニック障害を沈静化させる日常生活 | 日頃はどんな生活を送ればいいのか

 ストレスがたまらないようにして、規則正しい生活を送るためのポイント。日頃から試してみる価値があるリラクゼーション方法などの紹介。