パニック障害とは-何が診断の決め手となるのかチェックしましょう

パニック障害とは-パニック発作が起こります

 パニック障害とは、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(ひんみゃく:脈拍が異常に多い状態)、ふるえ、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった体の異常と共に、このままでは死んでしまうというような強い不安感に襲われる病気です。

 この発作は、「パニック発作」といわれ10分くらいから長くても1時間以内にはおさまります。
 最初は「このままでは死ぬのではないか」というほど恐怖が強く,救急車を呼ぶ人も珍しくありません。

 しかし,病院に到着して医師の診察が始まる頃には,少なくとも激しさはおさまっていることがほとんどです。パニック発作はその真っ最中には「死ぬほどの恐怖」を起こすものであっても、10分程度でおさまることが多いのです。
 初めてのパニック発作で、救急車を呼んで病院に運び込まれる場合もありますが、医師の診察を受ける頃には発作は消え、血液検査や心電図検査をしても異常はみられず、時には気のせいなどと言われることもあります。

  パニック発作は,内科的検査をしても特に異常がないので「気のせい」でその場は,済まされますが,こうした症状はそのままにしておくと,再発することが多いのです。

 パニック障害の特徴は、検査をしても身体的な異常は見当らないのに、パニック発作を繰り返すことです。

パニック障害の診断-まず内科的な疾患がないかを確認することをお勧めします

 パニック障害の疑いのある人は、心療内科や精神科の受診をお勧めします。
 パニック発作と似た発作を起こす病気は他にも「過呼吸(過換気症候群)」や「甲状腺疾患」などがあり、これらの病気がないことを調べるために血液検査、心電図検査、レントゲン検査などを行います。

パニック障害が実は過呼吸ではないかチェックする必要も

 過呼吸(過換気症候群)は間違えられやすい病気です。
 過呼吸はパニック発作とは区別されています。過呼吸とは最初はスポーツなどの呼吸で酸素が過剰な状態になりながら、息苦しくなって呼吸を止めても大脳皮質が「呼吸が止まるのは異常」と判断して呼吸を続けさせようとして、血管の収縮・筋肉の硬直などが起こる疾患です。中には心理的原因で起こる場合もあり、過換気症候群とも呼ばれます。

 これに対して、パニック発作は動悸・発汗・めまい・予期不安などが中心となります。

パニック障害の診断は問診が中心

 パニック障害の診断は問診が中心になり、アメリカで考え出された基準がよく使用されます。